雀始巣

豆知識 【二十四節気】

 

第十候   春分   初候(3月20日~24日頃)

 

雀始巣(すずめはじめてすくう)


雀が冬の枯れ草や藁を集め、屋根瓦の下や軒先などに巣を作り始めるころ。
巣は子育てに使うだけで、
雛が巣立つと木に寄り添って群れをなして過ごします。


雀は人間に最も身近で馴染み深い野鳥。

 

稲穂をついばみ農作物を荒らすこともありますが、子育てをする春から夏は害虫を食べてくれます。


この時期、雀が隠れるほどに草が伸びることを「雀隠れ」といいます。

 

落ち着きなく飛びまわる姿は、春の穏やかな日差しを無邪気に喜んでいるかのようですね!