啓蟄

豆知識「二十四節気」

 

三節気  3月6日  啓蟄(けいちつ)

 

 土の中で冬ごもりをしていた虫たちが、そろそろ活動を開始するころ。


「啓」は開く、「蟄」は冬眠をしている虫を意味しています。「虫」という漢字は、もともと蝮(まむし)の姿をかたどった象形文字。昔は昆虫に限らず、蛇や蛙、蜥蜴など、小さな生き物はすべて虫と呼ばれていました。


このころの雷は、「虫出し雷」といわれます。ちょうど初雷が鳴りやすい時季。昔の人々は、虫たちがこの雷に驚いて外に這い出してくるものだと考えていました。