処暑(十四節気)

豆知識「二十四節季」

 

8月23日

 

十四節気 処暑(しょしょ)

 

ようやく暑さの峠を越え、少しずつ過ごしやすくなる時季。

 

「処」とは、止まるという意味があります。

 

このころから朝晩の涼しさを感じる日が多くなり、農作物の収穫期も始まって本格的な秋の気配が色濃くなるときであり、台風シーズンの到来であります。

 

また、夕方の涼風を利用した夕涼みは、江戸時代から盛んで、川に屋形船をうかべ

宴や夜風を楽しんだり、京都では鴨川や貴船などの川辺に床を出し、涼を楽しむ

納涼床も今に続いています。