処暑

豆知識「二十四節季」

 

8月23日

 

十四節気 処暑(しょしょ)

 

ようやく暑さの峠を越え、少しずつ過ごしやすくなる時季。

「処」とは、止まるという意味があります。このころから朝晩の涼しさを感じる日が多くなり、農作物の収穫期も始まって本格的な秋の気配が色濃くなるとき。同時に、台風シーズンの到来であります。毎年、立春から数えて二百十日目(9月1日ごろ)と、二百二十日目(9月11日ごろ)は、雑節として暦に記載される台風の特異日。各地では無事の豊作を祈願する「風祭」が行われます。