小暑

豆知識 「二十四節気」


十一節気 小暑(しょうしょ)


一昨日の7月7日の日に小暑に入りました。


いよいよ梅雨明けを迎え、本格的に夏に向かう頃。この小暑から立秋までが、暑中見舞いを送る時季。立秋以降は、残暑見舞いになります。...
また七月七日といえば五節句の一つでもある「七夕」七夕は、織姫を祀って裁縫や芸事が上達するように祈る中国の行事「乞巧奠」(きこうでん)と、機織りをした着物を神に供える日本古来の「棚機女」(たなばたつめ)の風習が結び付いたもの。願い事を書いたカラフルな短冊を笹に飾るのは、江戸時代から始まった日本特有の行事です。



初候 温風至(あつかぜいたる)

夏の暑さもいよいよ本番へ
南から暖かく湿った空が吹き、本格的な夏の到来を予感させる頃。南風にも、梅雨の時期に合わせてさまざまな名前がつけられました。梅雨入りの頃に吹く風を「黒南風」(くろはえ).中ごろは「荒南風」(あらはえ)、梅雨明けの頃は「白南風」(しらはえ)。この時季は白南風によって湿った暖かな空気が流れ込みやすく、それが上昇して山のようにむくむくと立ち上がる積乱雲を生みやすくなります。雷雲ともいわれ、突然の激しく強い雨を降らせたり、突風や雷をともなうことも。


お中元の起源
中国では一月、七月、十月の十五日を三元といい、それぞれ上元、中元、下元と呼びます。
それがお盆と結び付いた習慣がお中元。品物を送る時期は七月上旬〜十五日までが一般的。