穀雨

豆知識 「二十四節気」
 
六節気

4月20日   穀雨(こくう)
 
地上の穀物を育てる春雨が降るころ。穀雨とは,百穀を潤す雨という意味です。煙るようにしとしとと降り続く長雨になることが多い時季。
このころに、三日以上続く雨を「春霖」(しゅんりん)、降ったりやんだりする雨を「春時雨」(はるしぐれ)と呼びます。また、「雨は花の父母」ともいわれるように、雨は穀物だけでなく草花を潤し育てるもの。穀物は、春の最後の二十四節気です。ひと雨ごとに緑は深さを増し、やがて新緑の季節へと移り変わっていきます。