立春

豆知識 「二十四節気」



万物が希望に満ち始める季節

暦の上での春とは、立春から立夏の前日(およそ2月4日〜5月4日)までのこと。旧暦の月では、一月から三月までとなります。
春の語源はさまざまですが、万物が「発る(発する)」時季だからとか。ほかにも、草木の芽が「張る」、天候が「晴る」、田畑を「墾る」(はる)などともいわれます。次第に暖かな日射しに包まれ、鳥がさえずり、草木が芽吹き、色鮮やかな花々に彩られるとき。古来より、人々が最も心待ちにしてきた季節です。

...


立春
暦の上で春が始まる日。旧暦では、立春に近い新月の日を元日としていました。寒があけて徐々に春の兆しが見え始め、一年のスタートでもある立春。以降、最初に吹く南寄りの強い風を「春一番」、立春後も続く寒さを「余寒」「春寒」などといいます。
立春の日に恵方の井戸から汲んだ水は若水(わかみず)と呼ばれ、一年の邪気を除くものとされてきました。のちに若水は元日の早朝に汲む水となり、神棚に供えてから飲食に利用する習俗がのこされています。

立春がきたので、お雛様の用意も始めます。🎎