冬至

豆知識「二十二節気」


12月22日  冬至


一年で最も昼が短く、夜が長い日。ここから徐々に日脚が長くなっていきます。古代中国では、冬至を一年の始まりとする時代もありました。冬至は太陽の力が最も弱い日。厄災に見舞われやすいと考えた人々は、疫病を防ぐとされる小豆粥を食べたり、強い香りが邪気を祓うという柚子湯に入って無病息災を祈りました。他にも七種の「ん」のつく食品「南京(南瓜)、人参、金柑、蓮根、銀杏、寒天、うどん」を食べると運がつくといわれています。


 春と幸運に向かう
「一陽来復」

 日脚が最も短い冬至。陰が極まって陽に変わる意味で「一陽来復」ともいわれます。もともと冬至をさす言葉でしたが、転じて悪い事ばかりが続いた後に、ようやく幸運に向かう、という意味でも用いられるようになりました。