立冬

豆知識 「二十四節気」


立冬


暦の上では冬の始まりです。


立冬をむかえるころに吹く北寄りの強く冷たい風が「木枯らし」。

その年の冬に始めて吹く木枯らし一号のニュースが届いたら、気圧配置が西高東低の冬型になった証拠です。


また、十一月十五日に行われるのが七五三。


昔は幼児の死亡率が高く、「七歳までは神のうち」といわれました。


そこで、三歳の男女(髪置きの義)、五歳の男の子(袴儀)、七歳の女の子(帯解きの儀)の成長に感謝し、お祝いする風習に なったそうです。


朝夕冷え込みが強くなりましたね。


冬の語源は「冷ゆ」(ひゆ)が変化したものが有力とされているそうです。